ヘビーデューティに日々精進するブログ~ホンモノ探求~

人は本物に触れた時に、人生が良い方向に動き出す。あなたも心が込められた"本物の製品"たちと仲良くする「ホンモノ探求」を実践しませんか?

キャッチサーフは2018も激アツ!スキッパーやログなどオススメを紹介!

time 2018/03/01

キャッチサーフは2018も激アツ!スキッパーやログなどオススメを紹介!
Pocket

2018年もキャッチサーフの勢いは止まりません!

 

気がつけば2017シーズンはほぼキャッチサーフで波乗りし、

2018もキャッチサーフの出番が多い今日この頃。

 

キャッチサーフは2018モデル

かなりの量の新型を投入してきます!

 

その中でも特に注目&オススメモデル

5.0から7.0まで3本所有するタンロムが

ヘビーデューティに紹介していきましょう!

sponsored link

キャッチサーフ2018オススメモデルはこれだ!

 

今年はキャッチサーフ新型の当たり年!

 

オススメモデルは

 
  1. さらに進化したスキッパーフィッシュ
  2. 絶妙なサイズで魅了するオディシー6.0
  3. 攻撃的なデザインのメイヘムモデル
  4. これまた絶妙サイズのバリー・マッギーモデル
  5. 新たな潮流を生み出す新型「54」
 

早速①から紹介していきましょう!

 

さらに進化したスキッパーフィッシュ

 

ショートボーダーに絶大な人気を誇るスキッパーフィッシュ。

タンロムも5.6モデルを愛用しており、

モモ〜カタくらいでは無双できる最強のボードですが

2018モデルでは新たに

タジ・バロウシグネチャーでトライフィン仕様が登場!



グラフィックもクール!

 

2017までのスキッパーフィッシュはクワッドしか無かったのですが

このタジ・バロウシグネチャーでついにトライフィン仕様に!

フィンも今までのものよりも、よりドライヴィーなフィンが付属!

 

長さはショートボーダーに嬉しい5.6となっております!

 

そしてスキッパーフィッシュ全般に言えることですが

2018からシェイプラインが変更になり

より一層テイクオフやパドルが速くなったそうです!

 

スキッパーフィッシュ タジ・バロウシグネチャー

正直かなり欲しいです!

 

絶妙なサイズで魅了するオディシーログ6.0

 

ついに待望のサイズ発売!!といった感じです!

 

今までオディシーは7.0〜のサイズしか展開がなく

「もう少し短いのが欲しい、けど5.6だと短すぎる」

というこだわりサーファーのニーズには

スキッパーフィッシュ6.0か6.6しかありませんでした。

 

2018でようやく、絶妙なサイズ感のモデルが登場!



カラーも夏っぽくてカワイイ!

 

6.0という長さは本当に絶妙で、

殆どの車にラクラク積めるギリギリのサイズで取り回しもよく

7.0だと重たい感じの動きも6.0ならよりショートに近づき

短めながらも圧倒的な浮力なんと64リッター!※一般的なショートの倍

と、独特のフロー感を感じながらオルタナティブにサーフィンすることも可能!

 

ロングボーダーさんのセカンドボードにも良いですね!

 

このサイズ、探していた方も多いのでは?

タンロムもその一人です!

 

ちなみにトライフィン仕様とシングルフィン仕様があり

さらにユーザーを魅了し、悩ませるラインナップとなっております。笑

 

正直、めっちゃ欲しいです!!

ジェイミーオブライエンプロモデルも素敵なんだぁ…


攻撃的なデザインのメイヘムモデル。LOSTラウンドノーズフィッシュ

 

ついにキャッチサーフもここまできたか!というモデル!

 

キャッチサーフは80’sや90’sからインスパイアされたデザインを基本としていますが

メイヘムシェイプのLOSTラウンドノーズフィッシュ

今までのキャッチサーフには無い攻撃的なデザインと

ガッツリショートボードなサイズが魅力です!

厚みも幅も抑えられていますね!



見てください!この超クールなデザイン!

オディシーのロゴも専用のものになっています!

 

何よりすごいのがテール形状!

ウィングの付いたフィッシュのようなスワローテイルになっており

5.5と短めのサイズも相まって

かなり攻めたライディングが可能!!



ああ〜っタマランですねぇ…

 

①のタジ・バロウシグネチャーか、どっちか欲しい…マジで…

 

まだまだオススメは続きますよっ!

sponsored link

絶妙サイズのバリー・マッギーモデル

 

毎年大人気で即完売のバリー・マッギーモデル。

タンロムも7.0のシングルフィンを持っており、

このモデルを最初に手に入れてから、

キャッチサーフの魅力に取りつかれました!

その後3本になった

 

そんなバリー・マッギーモデル、

2017はサイドフィンのみのコアな仕様でしたが

2018ではシングルフィンが復活!

もう一つは人気急上昇中の

完全フィンレス仕様で登場!

マニアも納得のラインナップです!

相変わらずオッシャレ〜なデザイン!!

 

今までは7.0と8.0の2タイプでしたが

2018は絶妙な7.6という長さに!

アウトラインも変更され、よりテールが絞られ

前後ロッカーも少し強くなったようです!

 

デザインも

おっさん→可愛いリス→おっさん

と変化。笑


これがタンロム所有のおっさん。

2018とは別のおっさん。

 

さて、バリー・マッギーモデル。

シングルフィンは間違いないとして

気になるのはフィンレスでしょう!

 

フィンレス、やるとサーフィンの新たな扉が開けて面白いですヨ!

ただ、まだ何もキャッチサーフを持ってない!という方は

シングルフィンを買うのがオススメです。

フィンを外せば、フィンレスになりますので

一粒で二度美味しいです。

タンロムもそうしています!

 

普通のサーフィンじゃ満足できない!という

変態オルタナサーフィンを極めしアナタは

フィンレス仕様でくるんくるんしちゃってください!

 

ああ…欲しい…バリー・マッギー…

 

新たなモデル「54」

 

なんて読むんでしょう。笑

完全にニューモデルとして登場なのが

「54」です!



去年まではスタンプの5.0が最短で

それより短いのはビーターでしたが

ついにスタンプよりも短い

なんと4.6という長さで登場!

 

写真では伝わりませんが

ボトムになんとシングルコンケーブ〜VEEが施されております!

 

これにより水抜け感とテールの軽さが生まれて

それはもうスケーティなサーフィンが出来ることでしょう!

 

タンロムも5.0スタンプを持っていますが

それより短いとなると

上級者も満足のボードになりそうです!

 

これは買うのに勇気がいりますな笑

タンロムはへっぽこサーファーなので

 

キャッチサーフ2018オススメまとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

キャッチサーフは2018年モデルで、

かなり攻めてきているのがお分かりいただけたでしょう。

 

この状況をわかりやすく説明しますと

 

やめて!2018キャッチサーフで、攻めたデザインから絶妙な長さまで発売されたら、

ただでさえ3本もキャッチサーフを持ってるタンロムのお財布が燃え尽きちゃう!

お願い、死なないでタンロム!あんたが今ここで倒れたら、

楽しい2018シーズンはどうなっちゃうの? 貯金はまだ残ってる。

ここを耐えれば、今年の夏もエンジョイ出来るんだから!

 

次回、「タンロム死す」。

デュエルスタンバイ!


こんな感じでしょうか

わかりにくいわ

 

キャッチサーフは本国価格は

300ドルそこそことそれはそれはお買い求めやすいのですが

日本に来ると2倍近くになるので

そんなホイホイホイホイと何本も買えないんですよぉ!キレ

 

なので今のところ最有力なのは

持ってないサイズの

オディシー6.0のトライでしょうか。

 

ああでもシングルフィンもいいな…

いやでもバリー・マッギーも新調したいし

ロストも気になる…あああああああああ

 

「タンロム死す。」

 

キャッチサーフは欲しい時には売り切れているのでお買い求めはお早めに!

 

一番欲しいであろう夏前には

とっくに売り切れていることが多いのがキャッチサーフ。

見かけたら、速攻で買いましょう!

 

2,018モデルは予約受付中なので

予約するのも良いですね!

 

記事内でオススメしたモデルを最後に一覧にしますね!

①スキッパーフィッシュ タジ・バロウ
②オディシー6.0
③メイヘムLOSTラウンドノーズフィッシュ
④バリー・マッギーモデル2018
⑤新モデル「54」
⑥タンロム裏オススメモデル
ビータープリケツモデル。笑

ビーチのヒーローになれそう!

 

こちらの記事も要チェック!

キャッチサーフなどのスポンジボードにワックスは塗るべきか?論

sponsored link

down

コメントする




デイリーヘビーデューティー

プロフィール

ヘビーデューティ大好きタンロム

ヘビーデューティ大好きタンロム

ヘビーデューティなもの ヘビーデューティな思考 タフなマインド 丈夫な体 そんな男タンロムという名の物語 格闘技20年以上 トレーニング歴20年以上 サーフィン歴約10年 サプリメント愛用歴20年以上 時にコラムニスト、時にサーファー、更にはミュージシャン、司会業とマルチに活躍中。 ホンモノの探求を生業とする。

アーカイブ

お問い合わせなど



sponsored link

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31