ヘビーデューティに日々精進するブログ~ホンモノ探求~

人は本物に触れた時に、人生が良い方向に動き出す。あなたも心が込められた"本物の製品"たちと仲良くする「ホンモノ探求」を実践しませんか?

【ゲレンデヴァーゲン】ついに最強のG復活!メルセデスGプロフェッショナル!気になる価格や内装も紹介!

time 2016/08/15

【ゲレンデヴァーゲン】ついに最強のG復活!メルセデスGプロフェッショナル!気になる価格や内装も紹介!
Pocket

最近ではヘビーデューティな車が市場からどんどん消えていますね。



ヘビーデューティ英国代表の

ランドローバー・ディフェンダーも生産終了してしまいました。

 

このままヘビーデューティ自動車は絶滅してしまうのか?

 

そんなヘビーデューティ不在の自動車界に、

アイツが帰ってきた!

何回ヘビーデューティ言うねん

 

ヘビーデューティ値

★★★★★

(超ヘビデュティ)

sponsored link

ヘビーデューティなアイツが帰ってきた!

 

メルセデス Gプロフェッショナル!


一目見るだけで、通常のGクラスとの違いが明確!

 

通常のGクラスは武骨な見た目ながらも、都会に溶け込む

ラグジュアリーさも併せ持つルックス。

 

かたやGプロフェッショナルは、写真のような

泥しぶきを巻き上げて武骨に走る姿が良く似合う。

 

ゲレンデヴァーゲン プロフェッショナルのスペック

 

前モデルにもプロフェッショナルがありましたが、今回のGプロフェッショナルの仕様は

 
  • G350dがベース
  • 3.0リットルV型6気筒ターボディーゼルエンジン搭載で最大出力245hp、最大トルク61.2kgm
  • サスペンションの設定を変更し、最低地上高を235mmから245mmへ
  • アプローチアングルは30度から36度へ、デパーチャーアングルは30度から39度へ変更。
  • ファブリックシート
  • ラバーマット←ヘビデュティ!
  • ヒッチフック装備
  • 各部ブラックアウトもしくは樹脂むき出し
 

こんな感じです。細かい比較をするともっと色々変わってます。

見た目だけじゃなくて足回りも変えてくる所が本気ですね。

 

Gプロフェッショナル御用達のヘッドライトガードも勿論採用!

これが武骨でかっこいいんですよね〜!

飛び石や草木からヘッドライトやウィンカーをガッチリ守ります。

benz_G350d_professional_04
ヘッドライト自体は最新のモノがついています。

 

個人的にGプロフェッショナルで好きな装備がココ↓

benz_G350d_professional_05
ウッド張りのラゲッジ!

これが渋くて実用的で・・・ん〜ヘビデュティっ!!

何を積もうか?ワクワクしますね〜!

sponsored link

ゲレンデヴァーゲン Professionalの内装はどうなんだい

 

内装も見てみましょう。

benz_G350d_professional_06
高級感と質実剛健をうまくミックスさせた渋い内装ですね〜!

センターのエアコン吹き出し口の真ん中には

伝家の宝刀『デフロック』が勿論装備!

普段は全く使うことのない装備だけど、

いざという時の安心感が半端ない。

 

本気のオフロード走行を想定しているあたり、

プロフェッショナルの名は伊達じゃないですね。

 

シートもレザーシートからファブリックシートになり、

フロアマットもラバー製で、床には水抜きの穴まで空いています!

 

メルセデス=高級車って発想をぶっ壊す、質実剛健な作り!

そもそもGクラス自体が軍用車出身なので、

Gプロフェッショナルこそが本来あるべき姿だと思います。

 

タンロム的に少々残念なのが、

ファブリックシートの柄が伝統のチェック柄じゃなさそうな所

※執筆時ではシート表皮の画像を確認できませんでした

 

前回のGプロフェッショナルまでは伝統のチェック柄シートでした。

これが武骨な内装の中にかわいさを演出していて

とても好きでしたが、今回はより渋い仕様にしたみたいですね。

メルセデスはファブリックの質がめちゃくちゃ良いので、品質は期待できます!

 

ちなみにこれが前モデルのプロフェッショナルの内装。

mercedes-benz-g-class-
今回のモデルと見比べると、一番変化している部分かも。

質実剛健ここに極まりって感じです。

このファブリックの柄と、豪華さとは無縁な内装が大好きなんです!

 

新型のモダンな質実剛健な内装とと旧型のザ・道具!的な内装

どちらも捨てがたいですね♪

 

ゲレンデヴァーゲンの燃費は?

 

大きい車なだけに、気になる燃費。

Gプロフェッショナルのディーゼルエンジンは

現行G350と同じディーゼルエンジンなので

カタログ燃費 8.5km/L(JC08モード)だと思われます。

 

ただ、GプロフェッショナルにはG350と違って、余分な装備が省かれているので

実際の走行燃費はG350よりも良くなると思います!

 

なによりハイオクより圧倒的に安い軽油なので、

お財布の負担は軽めです。

このサイズの車でこの燃費はなかなか優秀と言えます。

だって、車体重量2.5トンですよ!実にヘビーデューティ!

 

本気で欲しい、至高の一台

 

今回のGプロフェッショナルのボディカラーはなんと11色!

ブラックや、人気のサンドベージュまで選べます。

四駆らしいソリッドカラーなんかもあったりして、

武骨なデザインが映えそう!

 

こちらが前前回モデルのサンドベージュ↓

699447_1262591_4493_2995_08C1392_012
今回もこんな感じのカラー展開してくれそうです。

 

価格は本国価格で約940万くらいだそうです。

前回のGプロフェッショナルは国内正規投入がなかったので、

欲しいユーザーさんは輸入するしかありませんでした。

 

今回は是非国内正規投入して欲しいなって思います。

今の時代こそ、この武骨なデザインを求めているユーザーさんが必ずいらっしゃるはず!

 

タンロムもその一人です。

ランドクルーザー70の国内再販も、そういうムーブメントの一つだと思っています。

メルセデスさん、是非宜しくお願いします!

 

さ、貯金しながら期待して待つかな!

1000万だぞ

 

ヘビーデューティなあなたにこちらの記事もオススメです!

「最強家トレ!ケトルベルトレーニングでヘビーデューティな車に似合う体作り!」



ケトルベルを使えば簡単に全身のトレーニングが出来る。

Gが似合う男になる為に、一度目を通す事をオススメする!

 

Twitter でヘビーデューティ大好きタンロムをフォローしよう!

sponsored link

down

コメントする




Amazonプライムビデオは神

プロフィール

ヘビーデューティ大好きタンロム

ヘビーデューティ大好きタンロム

ヘビーデューティなもの ヘビーデューティな思考 タフなマインド 丈夫な体 そんな男タンロムという名の物語 格闘技20年以上 トレーニング歴20年以上 サーフィン歴約10年 サプリメント愛用歴20年以上 時にコラムニスト、時にサーファー、更にはミュージシャン、司会業とマルチに活躍中。 ホンモノの探求を生業とする。

アーカイブ

お問い合わせなど



sponsored link

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031